おらんくニャンコ記

高知の野良猫、野鳥、地域の話題やイベント等をご紹介しています。

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

勝負を賭ける (笑)

D70sのローパスフィルタをメーカーに
クリーニングに出すかどうかで悩んでおりましたが
失敗したら出す事にして(笑笑笑)
取りあえず自分で掃除してみました。

クリーニングキットは、高いので「クリーニングスティック」は
割りばし (^○^)、「シルボン紙」の代わりは、682円のこれ

0123.jpg
レンズクリーニングペーパー 業務用 透明ケース入 200枚入 80×150ミリ

「ブロア」は、以前に購入していたものを使用
無水アルコールは探し回ったがなかったので、
無水エタノール 1,449円を使用
(薬局の人が言うには、無水アルコールと同じとの事)

使った金額は、2,131円なり
キットには、アルコールは付属していないから
買えば1万円を超えます。

参考にしたのは、
受講無料、ニコンの「ローパスフィルター清掃講座」体験記
後は、度胸だけだね。
最初に拭くときは、少し軽く拭きすぎたようでほとんど変化なし(鬱)
LPF拭いて、ブロワでも吹きまくり、レンズ付けて撮影して
パソコンでゴミを確認しては、また最初から繰り返す。

メーカーがこの作業1,000円でやってるのはかなり良心的。
F8で撮影してもゴミが映り込んでたのが、F16までなら
ほぼ、わからなくなった。
時間は、一時間ほどかかったけど・・・・トホホ

DSC_0359.jpg
F29で撮影、何個かのゴミが確認できます。

このサイズでは、ほとんど見えませんが元画像(3008×2000)
では、はっきりと見えます。
掃除する前と比べると、ほとんどゴミは取れてますけどね。

DSC_0360_F18.jpg
F18では、ほぼゴミは見えません。

完全にゴミを取るのは、不可能ではないかと思います。
移動中の振動で、LPFに付着する場合もあるし
レンズ交換してたらすぐゴミはいるだろうし。
LPFの掃除は、慎重に行えばめったに傷が入る事はないと
思いますが、すべて自己責任でお願いします。

壊すと修理代高いでっせ(笑)
スポンサーサイト

| カメラ | 13:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT